ご訪問ありがとうございます。
    
 今でも交流がある、昨年夏に引退をした親会社の元社長からメールが来ました。
「過剰反応ながら、演奏会、演奏旅行、飲み会、スポーツクラブ、すべての活動を秋まで自粛します」
 演奏会とは、元社長が大学時代から続けてきた男声合唱のことだと思われます。

 飲み会とは「暖かくなったら、またお会いしましょう」と旧知のメンバーでお酒を飲みましょうと企画していたことです。そろそろ日程調整をして、お店も決めようと思っていた矢先でした。

 確かに過剰反応では?と思いましたが、妻へ話すと「元社長さんも76歳。高齢者なのだから用心して当然でしょ」とのことでした。
 そう言われればその通り。昨年まで現役で会社勤めをしていましたが、70歳代後半に入っています。コロナ肺炎で亡くなる方は高齢者が多いですから、恐れて当然かも知れません。日本での感染拡大もさることながら、お隣韓国や遠くイタリアも急速に拡大しているようです。

 しかし、メールにあった「自粛します」の文字は今、日本中で多く使われていることでしょう。イベントの自粛、お祭りの自粛、外食の自粛、飲み会の自粛、パーティの自粛。自粛できないのは会社・仕事だけ、と思っていたらテレワークなど自宅勤務を認める会社も出てきたようです。

 これだけ自粛の波が広がっていると、どれだけの経済損失を日本にもたらすのか、気を揉みます。長引くほど大きな影響を経済に与えると畏怖しています。

             
DSC_2242
                                                   
   
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。お役にたちましたら、クリックをお願い致します。
今後の励みと致します。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


投資信託ランキング